中国共産党結党100周年記念日の1日、北京天安門広場で習近平国家主席兼共産党中央委員会総書記が演説をしている




習近平中国国家主席は、1日天安門広場で開かれた共産党100周年記念演説で「誰であれ、中国を刺激する妄想をするならば、14億の中国人民が血と肉で築き上げた鋼壁の長城の前で、頭が割れて血を流すだろう」と宣言した。

国際社会の如何なる圧迫にも屈することなく、正面対決するという宣言と解釈される。

習主席は「中国人民は、他の国の人民をいじめ、圧迫し、奴隷にすることはしなかった。過去にもしたことがなければ、現在もしていない、将来にもしないだろう」とし「同時に中国人民は絶対にいかなる外部勢力によるいじめ、圧迫、我々を奴隷にすることを許さない」と述べた。

習主席はまた、「中華民族の偉大な復興は不可逆的な歴史の旅程へ進入した」と述べた。

彼はまた、「中華民族が他国に蹂躙され、あらゆる苦難に遭った時代は、すでに終わり、二度と来ないだろう」と宣言した。

中国共産党100周年を迎え発表された習主席のメッセージは、国際社会に向けた「中国優先主義」宣言と解釈される。

習主席は「中国人民は、旧世界の破壊に優れており、新世界の建設に優れている。社会主義だけが、中国を救うことができ、中国特色の社会主義だけが中国を発展させることができる」と強調した。 



         読者の反応
スクリーンショット 2021-07-02 103925


韓国人のコメント
発言の品格が、国の品格と似合うね。


韓国人のコメント
おぞましい国


韓国人のコメント
全世界を敵に回しているね。


韓国人のコメント
吠えている声が、まるで大型犬のようだ。


韓国人のコメント
ついに人間性を失い本性を剥き出したねww


韓国人のコメント
使っている言葉が、北朝鮮の金与正レベル。


韓国人のコメント
大国になりたかったら、まずお前が持っている物から出すべきだ。ニンニクやネギのようなもので嫌がらせをする国は嫌いだ。


韓国人のコメント
あの厚かましくて厚顔無恥な振る舞いは、まるで共に民主党のようだ。同じ共産主義者たちだからなのだろうか。人間ではない。


韓国人のコメント
お前の国こそ、他の国を刺激するな。


韓国人のコメント
6.25戦争で韓半島を侵略したのが中国である事実を絶対に忘れてはいけません。明らかな侵略国家です。


韓国人のコメント
一国の元首が、このような言詞を辞さなく吐き出すことが驚きだ。


韓国人のコメント
言葉だけが強気で、実際は米国には何も言えない


韓国人のコメント
アタマの割れた奴の元祖が、キンペイお前だったのか。


韓国人のコメント
習近平の生意気が空を突くね。


韓国人のコメント
チャンケ主席という奴の表現が浅はかだねww


韓国人のコメント
韓国を刺激すると鼻血を流すことになるぞ


韓国人のコメント
自称G2国家を代表する人間の軽薄な表現、レジェンドになりそうだねww


韓国人のコメント
米国の圧迫が習近平を焦らせたね。本物の強者は、あんな表現は使わないな。沈んでいく中国に一言も言えない煮た牛の頭は、これからどこに頼っていくのか?
管理人補説
煮た牛の頭:過去、北朝鮮の金与正が韓国の文在寅大統領を非難して使った言葉。



韓国人のコメント
先鋒にはおバカなムンジェインがピッタリだ。


韓国人のコメント
デケムン(文大統領の絶対的支持者)は既に割れているから問題なし


韓国人のコメント
全世界が連携し地図から抹消すべき国。


韓国人のコメント
やっぱりチャンケだね。チョクバリ日本も、あいつも、どっちもどっちだ。


韓国人のコメント
コロナを世界にばら撒いた属族が言う言葉じゃないね。


韓国人のコメント
最強の厚顔無恥、世界に害をもたらすゴキブリの国家。


韓国人のコメント
さすが表現が共産党らしい。


韓国人のコメント
韓国には中国を支持して頭の割れた奴らがいる


韓国人のコメント
米国が台湾と技術協力を進めているが、もし中国が台湾を手に入れたら大変なことではないか?台湾を育てるのもリスクだと思う。 


韓国人のコメント
北朝鮮、香港、台湾、チベット、ウィグルをあれだけ圧迫して、悪いことをしたことがないと? コロナを広げて世界が受けた被害についても、責任をとれ。


韓国人のコメント
独裁者で、自由人権を抑圧するシユウ・キンペイは、香港と台湾をこれ以上抑圧するな。自由を抑え込む政権は、いずれ滅びることになる。中国の国民は賢明な選択をすることを願う。


韓国人のコメント
シユウとプーチンは世界平和の一番大きい癌の塊だ。北朝鮮の豚兄妹も癌の塊だが。


韓国人のコメント
コロナで世界を脅威に堕とした奴が、もう目に見えるものはないのか。


https://n.news.naver.com/article/025/0003114590