アルバ 海外通信

気になる海外のニュース、海外の反応を紹介しています

    こんにちは!管理人のアルバです。
    最近、在宅勤務のスキマ時間を利用して、海外のニュースや反応を翻訳するブログを始めました。ニュースを翻訳することも、ブログを書くことも初めてなので、勉強の毎日です。
    ブログ初心者ではありますが、宜しければ記事を読んで頂き、ご意見・ご感想も聴かせて頂ければ嬉しいです!(●'◡'●)

    カテゴリ: 日韓関係


    e239fcc6-s

    韓国国家情報院長が菅総理と面会

    【韓国国家情報院長、菅総理と面会「韓日関係正常化の意思を伝える」=韓国の反応】の続きを読む

    (韓国紙 朝鮮日報記事)

    日本軍慰安婦被害者イ・ヨンス氏(93)が、慰安婦問題をUN傘下の国際司法裁判所(ICJ)に委託するよう、ムン・ジェイン大統領に促した。


    0004585020_001_20210216123954743

    16日午前ソウル中区プレスセンターで、日本軍慰安婦問題ICJ委託推進委員会(推進委)の主催で開かれた記者会見に出席したイ氏は、「日本が誤りを認め反省するように、国際司法裁判所の判断を受けてほしい」とし「大統領が韓国政府を通じて国際法の判決を受けるのが最後の願いだ」とした。

    イ氏は、国際司法裁判所に案件を委託しなければならない理由について、「もう他に方法がない」と説明した。
    イ氏は「私は今までできることは全てした」とし「世界中を回って証言を行い、アメリカに行って決議案も通し、サンフランシスコに碑も立てた。裁判もした」とした。

    続いて「ところが日本は(韓国の裁判所の)判決を無視し、控訴すらしないまま対抗している」と指摘した。また「韓国政府が国際法で日本の罪を明らかにしてほしい」とし「国際司法裁判所で公正な判断を受け、完全な解決を得ることで、両国間は敵対関係ではなく親しい関係になってほしい」と話した。

    先月8日ソウル中央地裁は、ベチュンヒ氏等慰安婦被害者12人が日本政府相手に提起した損害賠償請求訴訟で、原告らに1人当たり1億ウォンを支給せよ」と勝訴の判決を下した。
    これに対して菅義偉日本の首相は「決して受け入れることができない」とし、「国際法上の主権国家他国裁判権服従しない」と反発した。日本政府が控訴していないため、判決は先月23日に確定した。


    記者会見でイ氏は、ムン・ジェイン大統領に「新年の挨拶差し上げる」としお辞儀した後、しばらくすすり泣きもした。 

    イ氏は30年間、同じスローガン叫んでも全く進展が得られなかった」と言いながら「まだ解決ができてないことを恥ずかしく(残念に?=翻訳者メモ)思っている」とした。続いて「あの世に行って「あなた今まで生きていて慰安婦問題解決もできなかったの」と言われると、何も答えられない」とし「イ・ヨンスが慰安婦問題平和的に解決したと言われるように、国民の皆さんも助けてほしいと言った。

    推進委側は「ICJ訴訟が行われば日本軍慰安婦制度が当時の国際法でも違法だったという実体的判断求めることができるだろうと述べた。


    ーーー以下反国の反応ーーー


    ・そうだ国際司法裁判所へ行こう。ムン災害は何故沈黙だ?

    ・ミヒャン:「はよお金稼いで来い」

    ・ワインパーティーするための手段だったか

    ・話しがゴロゴロ変わるおばあさん

    ・ユン・ミヒャンを懲役に行かせるのが、お願いじゃないんだ…

    ・もうやめた方がいい

    ・お婆さんこんなこと辞めて早くあの世に行ったほうがいいですよ…

    ・慰安婦に行くことになった経緯と年度が何故いつも変わるのかが、疑問だ

    ソース: https://n.news.naver.com/article/023/0003596303

    8


    茂木敏充外相は2月4日の衆議院予算委員会で、韓国裁判所の慰安婦賠償判決を言及して「海外に行った際にも、それぞれの国に対して今どのような問題が起こっているのか、まさに国際法に対する挑戦の問題で、二国間の単純な争いの問題ではないということはしっかりと説明して理解を得ているところ」と話した。

    日本政府が国際外交界に対して「韓国が国際法を守らないでいる」という世論戦を広げているということだ。

    だが、日本政府はまだ慰安婦判決に対する国際司法裁判所(ICJ)提訴を決めないでいる。茂木外相は4日、「あらゆる選択肢を視野に置いて、韓国に適切な対応を求めていきたいと思っている」とだけ明らかにした。

    ソース:URL: https://joongang.joins.com


      中韓日本大使に相星孝一氏を任命したと報道する NHK

    【相星氏が駐韓日本大使に赴任...そこにはこんな理由がある】の続きを読む

    このページのトップヘ