(韓国 MBCニュース 東亜日報)
0003339255_001_20210217211806221

相星大使は15日、駐韓日本大使館のホームページに掲載した着任挨拶で「韓日両国は、双方の国民が其々の政治、経済、社会、文化に高い関心をもっている重要な隣国」とし「この地域の安定のために、韓日、韓米日の協力は必要不可欠」と示した。

また「今回大使として韓国に再び赴任するにあたり、新たな心構えを持つようになった」とし韓日関係が、今までにない厳しい状況に置かれている事実もよく知っているし、責任の重大さ感じると付け加えた。

相星大使今回が三度目の韓国勤務となる。過去19992006年二度に渡り駐韓大使館で延べ4年間勤務したことがある。


12日に入国した相星大使2週間の自主隔離に入り、来月初めから公式活動に出る予定だ

ムン・ジェイン大統領17日、マリア・カスティージョ・フェルナンデス欧州連合EU大使など8カ国の新任大使から信任状を受け取っているが、隔離中の相星大使参加できなかった。


関連記事:相星駐韓大使の赴任理由=韓国紙


ーーー以下韓国の反応ーーー

・チョクバリは我々の主敵、虎視眈々と韓半島(朝鮮半島=翻訳者メモ)の侵略を狙う泥棒猫のような族属

・教えない関わらないとか何とか言ってなかった?何しに来たかな

・本当の協力を考えるなら、ドイツのように真摯に謝罪をしてからアジアの責任ある国になれ

・過去の歴史から認めて謝罪すれば、受け入れる人は沢山いる、ムン左派除くと。

・帰ったらすぐ話が変わるサル達

ソース: https://n.news.naver.com/article/214/0001100485
     https://n.news.naver.com/article/020/0003339255